レシピ☆皮から手作りの美味しいもちもち、本格五香粉入り茹で餃子

お肉

今日は久しぶりに気合を入れて、餃子を作りました。

皮から手作りなので、結構気合がいるのですが、味がそれに見合った美味しさなので、

時間に余裕があるとき、時々作ります(^o^) 

この量で、1時間以内なので、まぁ、大変だけど、できなくは無いかな。

気に入ってる皮のレシピ、あんなので載せておきます♪

美味しい餃子の皮

大きめ約60個分

材料

中力粉(または強力粉)300g

ぬるま湯 170ml

①ボウルに粉を入れ、ぬるま湯を2,3回に分けて少しずつ入れます。

その都度端で混ぜます。

②水をすべて入れたら、打ち粉をかるしくした台に生地をあけて、手で根気よく5分程こねます。

表面がざらざらから、なめらかになるくらいが目安です。

③ボウルに戻し、固く絞ったふきんをかぶせ、30分程寝かせます。

④寝かせた生地を、もう一度台にあけ、軽くこねます。ここで艶を出してなめらかに仕上げます。

生地を六等分にわけ、それを一つずつ細長く伸ばし、包丁で10等分します。

⑤切った生地の上に固く絞ったふきんをかぶせ、乾かないようにし、

生地を一枚ずつ綿棒で伸ばしていきます。

形は多少いびつでも大丈夫です!

市販のより伸びが良いので、あんを包むときに、引っ張ったりして簡単に調節できます(^o^)

美味しい五香粉入餃子のあん

大きめ約60個分

材料

豚ひき肉 400g

キャベツ(みじん切り) 200g

長ネギ(みじん切り) 50g

ニラ(みじん切り) 50g

生姜(すりおろし) 大さじ1

酒 大さじ1

醤油 大さじ2

塩 小さじ1/2

ごま油 大さじ1

サラダ油 大さじ1

五香粉 小さじ1/2

①ボウルに入れて、材料を手でよく混ぜます。

生地を寝かせてる間に作ると良いですよ。

キャベツの代わりに、大根のみじん切りも意外にさっぱりで美味しいです。

茹で時間は、熱湯で約5分です(^o^)

焼きにしても、もちろん美味しいですよ。

我が家は半量冷凍しています。冷凍のままなら、8分位を目安に茹でてください。


先日イスラム教の断食、ラマダンがあけて、

世界のイスラム教徒は盛大にお祝い中なのですが、

どうやらラマダンあけのお祝いというのは、隣人にできるだけ食べ物をおすそわけしたりして、

みんなで分け合い、祝うものらしく、

今年はやたら知人のイスラム教徒の方におすそわけをいただきました。

やっぱり、なんでもこうやって、手作りのものをもらうと、嬉しい気持ちになりますね。

わざわざ家まで熱々のご飯を届けてくれたり。

気持ちがありがたいとおもいます。

きっとそういう意味なんだろうなぁと思います、ラマダン。ありがたいとお互いに感謝する意味なのかな。

↑クスクスはアルジェリア発祥。日本人の米のようなもの。

わたしの一番大好きなBaklavaも入っていた(^o^)

落花生アレルギーの息子が食べれるように、こっちはアーモンドしか使っていないもの↑

しっかし、焼き菓子の種類が本当に豊富!

ラマダンのお位祝のために、イスラムのママたちはかなり気合が入っています(^o^)

Baklavaしかし美味しい(^^)

ちょっとスパイスが個性的だけど、癖になる味。

日本人にうけがいいので、いつも日本にお土産で買っています、カナダのお土産じゃないのに。笑

日本でももっとメジャーになればいいのになあ。

楽天ではミックスが出てました。

バクラヴァ ミックス (Karisik Baklava) 36個入り-1kg

Amazonはこちら

Baklava: Sweet Sounds From the Orient

コメント